フリースクールの理解要請 文科会議「貴重な居場所」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 フリースクールなど民間教育施設を通じた不登校児童生徒の支援策を検討していた文部科学省の有識者会議は4日までに、最終報告をまとめた。施設が児童生徒にとって貴重な居場所だと指摘。国や教育委員会、学校に対し、施設に通う児童生徒の状況の把握や、施設の取り組みへの理解を深めるよう連携を求めた。

 報告は、不登校には多様で複雑な要因があるとして、学校だけでなく、民間教育施設での学習を支援し、児童生徒の自立を目指すべきだとした。