ソマリア沖、海賊が商船を襲撃 3月以降相次ぐ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【カンパラ(ウガンダ)共同】ロイター通信などは3日、アフリカ東部ソマリア沖でインド人約10人が乗った商船が海賊に乗っ取られたと報じた。アラブ首長国連邦(UAE)のドバイを出港した後、1日に襲撃されたという。

 ソマリア沖では3月以降、スリランカ人が乗ったタンカーが襲われ乗組員が一時拘束されるなど、海賊による襲撃が相次いでいる。

 2000年代後半に日本を含む多くの民間船舶を襲った海賊の出没は近年、取り締まりの強化でほぼ途絶えていた。ソマリア沖では、日本の海上自衛隊の護衛艦も海賊対処活動を展開している。