東京円、110円台後半

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 4日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=110円台後半で取引された。

 午前10時現在は、前日比79銭円高ドル安の1ドル=110円63~64銭。ユーロは82銭円高ユーロ安の1ユーロ=118円02~04銭。

 3日に米長期金利が低下し、日米の金利差縮小を意識したドル売りが入った。ロシアの地下鉄爆発によってリスク回避姿勢が強まり、安全資産とされる円を買う動きも強まった。

 市場では「トランプ米大統領の政策の実現可能性に対する懸念も円高材料だ」(外為ブローカー)との声があった。