宇野昌磨選手、出迎えに笑顔 フィギュア世界選手権2位

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 フィギュアスケートの世界選手権で2位となり帰国、メダルを手にする宇野昌磨選手=4日午前、成田空港

 フィギュアスケートの世界選手権で2位となった男子の宇野昌磨選手(中京大)が4日、開催地のヘルシンキから成田空港に帰国し、多くのファンの出迎えに「満足いく演技ができた上に、こんなにたくさんの方々におめでとうと言われてすごくうれしい」と笑みを浮かべた。

 初出場で7位だった昨年の雪辱を誓った大会でショートプログラム(SP)、フリーともに自己ベストを更新した。計6度の4回転ジャンプを全て着氷させ、合計得点で世界歴代2位の319・31点をマーク。「自分のやるべきことをやれば結果、点数はついてくると思っていた。やれてよかった」と振り返った。