東証反落、172円安 ロシア地下鉄爆発でリスク回避

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 4日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反落した。ロシアの地下鉄でテロとみられる爆発が起こって投資家のリスク回避姿勢が強まった。安全資産とされる円が買われ、輸出関連銘柄を中心に売り注文が広がった。

 終値は前日比172円98銭安の1万8810円25銭。東証株価指数(TOPIX)は12・49ポイント安の1504・54。出来高は約22億6000万株だった。