トランプ氏周辺、ロシア側と密会 政権発足前、FBIが捜査

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ワシントン共同】トランプ米大統領に近い、米系民間警備会社ブラックウオーター創業者が政権発足直前に、ロシアのプーチン大統領の側近とインド洋の島国セーシェルで密会し、米ロ首脳間の非公式ルートの構築を目指す協議をしていたとワシントン・ポスト紙電子版が3日、複数の当局者の話として伝えた。

 密会はアラブ首長国連邦(UAE)が仲介したとされ、ロシアによる米大統領選干渉疑惑を巡りトランプ氏周辺とロシアの関係を捜査している連邦捜査局(FBI)が詳細を調べているという。