向田邦子賞に矢島弘一さん ドラマ「毒島ゆり子―」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 矢島弘一さん

 2016年度に放送された優れたテレビドラマの脚本をたたえる第35回向田邦子賞(向田邦子賞委員会など主催)は4日、「毒島ゆり子のせきらら日記」(TBS)の矢島弘一さん(41)に決まった。賞金300万円。贈賞式は5月30日、東京都千代田区の帝国ホテルで。

 「毒島―」は、前田敦子さん演じる新聞社の政治部記者を通して政界や恋愛を描き、若者の心の渇きを軽妙に見せた。記者会見した選考委員の池端俊策さんは「現代にいそうなアイロニーに満ちた女性をきちんと描き、せりふがうまい」と評価。矢島さんは「これを機に良い作品を作りたい」と喜んだ。