ベア、トヨタの水準超え3割 グループ116社集計

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 トヨタ自動車グループの労働組合でつくる全トヨタ労働組合連合会は4日、2017年春闘の回答状況を発表した。トヨタ自動車労働組合を含む製造系116組合のうち約3割に当たる37組合が、ベースアップ(ベア)に相当する賃金改善分を月額1300円としたトヨタの水準を上回った。

 16年春闘では集計した122組合のうち、トヨタが回答したベア1500円を超えたのは9組合だった。トヨタより高水準の企業が増え、グループ内の賃金格差の是正が一定程度進んだ。

 16年は8組合がベアゼロだったが、17年は3日までに回答があった116組合全てがベアを獲得した。