明治神宮の門と鳥居に染み、東京

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 液体をかけられたような染みが見つかった明治神宮の敷地内にある門を調べる捜査員=4日午後、東京都渋谷区

 東京都渋谷区の明治神宮の敷地内にある門と鳥居に液体をかけられたような染みが4日、見つかり、同神宮が警視庁に届け出た。

 明治神宮によると、3日まで異常は見られなかったといい、警視庁が詳しい状況を調べている。

 世界遺産の下鴨神社(京都市左京区)と国宝の金峯山寺本堂(奈良県吉野町)でも1日、建物に液体のようなものがかけられているのが見つかっており、京都府警などが液体の分析を進めている。