東都大学野球が開幕 中大、亜大が先勝

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 東都大学野球春季リーグが4日、神宮球場で開幕して1回戦2試合が行われ、中大が連覇を狙う日大を6―0で破り、亜大は専大に5―1で勝った。

 中大は日大のミスにつけ込み、四回までに7長短打を放って6点を奪った。鍬原は4安打10三振でリーグ戦初完封。亜大は七回、頓宮の勝ち越し打などで4点を挙げ、先発の高橋遥が7回1失点で勝利投手となった。