習近平氏、欧米歴訪を開始

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 中国の習近平国家主席

 【北京共同】中国国営通信、新華社によると、習近平国家主席は4日、北欧フィンランドを訪問した。ニーニスト大統領らと会談し、経済連携の強化を図る。6日には米南部フロリダ州に移動し、トランプ大統領と初の直接会談に臨む。

 習氏の北欧訪問は国家主席就任後初めて。フィンランドでは、中国が掲げる現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」の推進などで一致する見通し。両国は貿易やクリーンエネルギー、北極圏開発など経済協力に関する合意文書も取り交わす。

 中国外務省によると、フィンランドにとって中国はアジアで最大の貿易相手国。