「通り魔」と虚偽申告疑い、京都 22歳男性「仕事嫌だった」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 京都府警下京署は4日、京都市下京区の飲食店店員の男性(22)が「路上で歩いていて刺された」とうその被害申告をしたと明らかにした。男性は「仕事に行きたくなかった」と話しており、軽犯罪法違反(虚偽申告)の疑いで書類送検する方針。

 下京署によると、男性は3日午後9時ごろ、下京区のコンビニに駆け込み「男に刺された。通り魔だ」と申告、店員が119番した。男性は腹部にけがをしており、同署が傷害事件として緊急配備するなど捜査を進めていたが、説明が二転三転していることなどを指摘すると、虚偽を認めたという。