駐韓大使、3カ月ぶり帰任

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 ソウルの金浦空港に到着し、記者の質問に答える長嶺安政駐韓大使=4日(共同)

 長嶺安政駐韓大使は4日夜、約3カ月ぶりに空路でソウルに帰任した。日本政府は、釜山の慰安婦少女像を撤去しない韓国への対抗措置として1月9日に一時帰国させたが、4月3日に帰任を決めた。長嶺氏は、黄教安大統領代行と早期の面会を調整し、韓国が少女像問題の解決に努力するとした日韓合意の順守を次期政権に引き継ぐよう求める方針。大統領選に立候補する各陣営との関係構築も図る。

 北朝鮮の核・ミサイル開発阻止を目指す安倍晋三首相の意向を踏まえ、少女像問題解決への道筋を付けながら、5月に発足する韓国新政権と安全保障面で連携強化を進められるかが課題になる。