東大図書館、休館17日間に 反対受け見直し

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 東大本郷キャンパス(東京都文京区)の総合図書館は4日までに、耐震改修工事のための臨時休館の期間を今月29日から17日間にすると明らかにした。図書館側が昨年、工事に伴って2017年度中は利用を制限するとの案を示したのに対し、学生らが反発、案の見直しや代替措置の実施を求めていた。

 東大によると、休館は大型連休を挟み5月15日まで。その後は一部の工事を実施しながら開館し、資料の貸し出しや閲覧などは基本的に現状と同様のサービスとする。学内の別の場所も学習スペースとして利用できるようにする。