米の対日貿易赤字14%減 2月は5千億円、依然高水準

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ワシントン共同】米商務省が4日発表した2月のモノの貿易収支(通関ベース)によると、日本に対する赤字は前月比14・6%減の46億7200万ドル(約5150億円)だった。乗用車の輸入が減った。2カ月連続の減少だが、依然として高水準だ。

 トランプ政権は3月31日「公正な貿易」を掲げ、中国や日本などに対する貿易赤字削減を目指す大統領令を出した。日米両政府が今月中旬に開く予定の「ハイレベル経済対話」で、貿易赤字が主要議題の一つになるのは確実だ。