跳馬の新技、「シライ3」と命名

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 白井健三

 【オーフス(デンマーク)共同】国際体操連盟(FIG)は4日、男子跳馬でリオデジャネイロ五輪銅メダリストの白井健三(日体大)が2月の種目別ワールドカップ(W杯)メルボルン大会で成功した「シェルボ2回ひねり」を「シライ3」と命名したと発表した。20歳の白井にとって、自身の名が付く技は床運動と跳馬で三つずつ、計6個となった。

 また五島誉博(仙台大)が3月にドイツで開催された国際大会で成功した床運動の「前方伸身宙返り3回半ひねり」はG難度の「ゴシマ」と命名された。この技はF難度の「シライ2」に半ひねり加えたもの。