東芝、監査意見なく決算発表も 期限迫り協議難航

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 経営再建中の東芝が2016年4~12月期連結決算に監査法人の適正意見を付けずに発表し、関東財務局に提出する選択肢を検討していることが4日、分かった。発表期限が11日に迫るが、米原発会社を巡る監査法人との協議は難航している。発表期限の一段の延期を財務局に申請した場合、認められなければ上場廃止の可能性が一気に高まるからだ。

 ただ監査法人が適正だとの意見を付けることによって、決算の信頼性が保たれている。監査法人が了承していない「意見不表明」となれば、東京証券取引所の上場規則に抵触する可能性が高い。