NY株反発、39ドル高 原油値上がりを好感

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 ニューヨーク証券取引所のトレーダーたち=4日(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】4日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、原油先物の値上がりを好感して3営業日ぶりに反発し、前日比39・03ドル高の2万0689・24ドルで取引を終えた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は3・93ポイント高の5898・61だった。

 原油先物が約1カ月ぶりの高値をつけたことで、収益改善期待からシェブロンなど石油株が買われ、相場を押し上げた。米主要企業の1~3月期決算発表シーズンを控え、業績改善を見込んだ買いも入った。

 一方、6日からの米中首脳会談を前に、積極的な売買を手控える雰囲気もあった。