米中関係「結果重視」へ 対話枠組みを効率化

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ワシントン共同】米ホワイトハウス当局者は4日、トランプ大統領が中国の習近平国家主席と南部フロリダ州で6、7両日に行う米中首脳会談について「建設的で結果を重視した関係への第一歩と位置付けている」と述べ、両国に利益となる関係を目指す考えを示した。

 当局者はオバマ前政権が続けていた米中対話の枠組みを見直し、効率を高めることを協議すると述べた。両国が毎年開いている「米中戦略・経済対話」を改革するとみられる。