使い捨てプラ製品廃絶を要求 国連の「海洋会議」宣言案

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 海に浮かんだ大量のプラスチックごみ(米海洋大気局提供)

 各国の閣僚らが6月に米ニューヨークの国連本部で海の持続的利用や資源保全について話し合うハイレベル会合「海洋会議」の宣言案が5日、明らかになった。深刻化するプラスチックごみによる海洋汚染を防ぐため、レジ袋や使い捨てプラスチックの廃絶を各国に求める。

 再利用できる製品の普及や、環境中で分解されやすい生分解性プラスチックを使った代替品の開発を促す。生態系影響が懸念される微粒子状のマイクロプラスチック(マイクロビーズ)を歯磨きや洗顔料などに使わないようにすることも呼び掛ける。海のプラスチック汚染対策に国際社会が協力して取り組む姿勢を示す。