全米独立系で「1984」上映 トランプ政権で再び注目

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 4日、ニューヨーク・マンハッタンの映画館で英映画「1984」の上映を待ち列をつくる人たち(共同)

 【ニューヨーク共同】全米の約200の独立系映画館で4日、近未来の独裁国家の恐怖を描いた英映画「1984」が上映された。1984年に公開された同映画や原作小説が描く世界は、自らに批判的なメディアを敵視するトランプ大統領をほうふつとさせるとして再び注目されており、映画館関係者らでつくる団体が、表現の自由への弾圧に対抗するためとして一斉上映を企画した。

 ニューヨーク中心部マンハッタンにある小規模の映画館はこの日、無料で3回上映。最終回は入り切れないほどの長い行列ができた。

 映画は49年に発表された英作家ジョージ・オーウェルの小説「1984年」が原作。