座席固定装置の不具合が原因 三重の遊園地、コースター停止

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 三重県桑名市の遊園地「ナガシマスパーランド」で、走行中に座席が自由に回転するジェットコースターが緊急停止し、乗客が一時宙づり状態になった問題で、走り終えた車両の座席の回転を止め固定する装置の不具合が原因だったことが5日までに、運営会社の調査で分かった。

 運営会社によると既に修理を終え、始業前の点検で異常がなかったため、5日の営業開始から運転を再開した。

 停止したのは3月10日に運転開始の「嵐」。乗降口手前の固定スペースで座席の回転を止める仕組みになっていたが、座席固定装置の空圧シリンダーに空気漏れがあったため安全装置が働き、固定スペースに入れなかった。