「共謀罪」、あす審議入り再確認 自公両幹事長、民進反発

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 自民党の二階俊博、公明党の井上義久両幹事長は5日午前、東京都内のホテルで会談し、「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案について6日の衆院本会議で審議入りさせる方針を確認した。民進党は、性犯罪を厳罰化する刑法改正案の審議を後回しにする与党方針に反発し、5日の衆院法務委員会を欠席した。

 委員会欠席に関し、民進党の逢坂誠二氏は「審議できる条件が整っていない。法案の常識的な順番を全く無視しており、極めて不誠実だ」と記者団に語った。

 幹事長会談では、天皇陛下の退位を実現させる特例法案などを今国会で成立させることでも一致した。