フィギュア代表に羽生、宇野ら 世界国別対抗戦

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 6カ国で争われるフィギュアスケートの世界国別対抗戦(20~22日・国立代々木競技場)の日本代表発表会見が5日、東京都内で開かれ、男子は世界選手権で3季ぶりに優勝したソチ冬季五輪王者の羽生結弦(ANA)、同選手権2位の宇野昌磨(中京大)が選ばれた。

 女子は世界選手権5位で四大陸選手権女王の三原舞依(神戸ポートアイランドク)、樋口新葉(東京・日本橋女学館高)の高校生コンビが名を連ねた。

 日本のほか、カナダ、ロシア、米国、中国、フランスが参加する。