砂利運搬船と漁船衝突、1人死亡 横浜の沖合

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 砂利運搬船と衝突し、転覆した小型底引き網漁船「勝丸」=5日午前、横浜市中区の沖合(横浜海上保安部提供)

 5日午前7時15分ごろ、横浜市中区の沖合で砂利運搬船「春日丸」(499トン)と小型底引き網漁船「勝丸」(6・6トン)が衝突したと通報があった。勝丸は転覆し、乗組員の小山宗輔さん(69)が付近を航行中の別の漁船に救助されたが、搬送先で死亡が確認された。横浜海上保安部が原因を調べている。

 同保安部などによると、勝丸には小山さん1人が乗っていた。現場は横浜港・南本牧ふ頭から200~300メートル沖合。