農水OB、ゼネコン数社に天下り 公取委検査の復興談合疑惑

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 東日本大震災の復興事業として農林水産省東北農政局(仙台市)が発注した土木工事で談合が行われていた疑惑を巡り、公正取引委員会が独禁法違反(不当な取引制限)の疑いで立ち入り検査したゼネコンの複数社に農水省OBが天下っていたことが5日、関係者への取材で分かった。

 公取委も天下り状況を把握しているもよう。今後、談合の裏付けを進めるとともに農水省OBが受注調整などで関与していなかったかどうかも慎重に調べるとみられる。

 公取委は4日、青木あすなろ建設、フジタ、飛島建設、りんかい日産建設、鹿島、大林組(いずれも東京)などのゼネコン十数社を立ち入り検査した。