天皇退位法案、下旬に骨子 自民・高村副総裁

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 自民党の高村正彦副総裁は5日、東京都内で講演し、天皇陛下の退位を実現する特例法案に関し、政府が今月下旬に骨子を示すとの見通しを明らかにした。「(4月末からの)大型連休前に骨子が出る。各党の了承を経て、連休後に具体的な法案が出る手はずだ」と述べた。

 政府は、衆参両院の正副議長がまとめた国会見解を踏まえ、有識者会議(座長・今井敬経団連名誉会長)を再開させるなど退位後の制度設計について検討を進めている。