文科省OB16人、再就職届けず 国家公務員法違反、対応協議

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 松野博一文部科学相は5日の衆院文部科学委員会で、国家公務員法で義務付けられている内閣人事局への再就職の届け出を提出していなかった同省OBが16人いたことを明らかにした。省の指摘で全員が4日までに届け出たという。

 届け出をしなかった場合、10万円以下の過料の対象となる。松野氏は「極めて重大な問題だ。内閣人事局と対応を協議している」と述べ、過料を科すための通知を裁判所に出すかどうかを検討していると説明した。民進党の笠浩史氏への答弁。