駐韓大使帰任に批判続出 自民会合「納得できない」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 自民党は5日、外交部会などの合同会議を開いた。韓国・釜山での慰安婦少女像設置に対抗し、一時帰国させた長嶺安政駐韓大使の帰任について「納得できない」などと批判が相次いだ。

 像撤去への具体策を求める声が多く出たほか、中断している通貨交換(スワップ)協定協議など他の措置は継続すべきだとの意見があった。

 山田賢司衆院議員は「一時帰国は撤去に有効でなかった。腰砕けになるならやらない方がましだった」と酷評した。北朝鮮の軍事的脅威に備える必要があるとして、容認する意見もあった。