競馬の桜花賞追い切り ソウルスターリング万全

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 第77回桜花賞の最終追い切りで、万全の仕上がりをアピールしたソウルスターリング=美浦トレーニングセンター

 中央競馬のクラシック第1戦、第77回桜花賞(9日・阪神1600メートル芝、G1)の最終追い切りが5日、東西(美浦、栗東)のトレーニングセンターで行われ、昨年の最優秀2歳牝馬に輝いた無敗のソウルスターリングが軽快な動きで万全の仕上がりをアピールした。

 美浦のBW(ウッドチップ)コースで3頭併せ。前を走っていた2頭に内から並びかけ、そのまま併入した。1000メートルのタイムは目立たないものだったが、十分乗り込まれており、馬体はシャープ。

 1着賞金9200万円。出走馬と枠順は6日に決まる。