ソフトバンク川崎、2戦連続安打 オリックス戦

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 オリックスとの2軍戦で、二塁の守備に就くソフトバンク・川崎=福岡県筑後市

 米大リーグから6年ぶりに古巣へ復帰したソフトバンクの川崎が5日、福岡県筑後市のタマホームスタジアム筑後で、ウエスタン・リーグのオリックス戦に「1番・二塁」で先発出場し、3打数1安打1打点だった。復帰後2戦連続の安打。体調が万全になるには「時間がかかると思うし、かけようと思う」と話し、しばらくは2軍で調整する意向を示した。

 第1打席は空振り三振。二回の第2打席で遊ゴロの間に三塁走者が生還して打点を挙げ、四回に左前打を放ち、五回終了後に退いた。今後の実戦で「どこでも準備しないと」と三塁や外野の守備にも就く予定。