詩人の大岡信さんが死去

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 死去した大岡信さん

 「連詩」を海外に広めた詩人で、朝日新聞のコラム「折々のうた」や評論でも知られた文化勲章受章者の大岡信(おおおか・まこと)さんが5日午前10時27分、誤嚥性肺炎による呼吸不全のため静岡県三島市の病院で死去した。86歳。静岡県出身。葬儀・告別式は近親者で行う。喪主は劇作家の妻深瀬サキ(ふかせ・さき、本名大岡かね子=おおおか・かねこ)さん。後日お別れの会を開く。

 東京大文学部を卒業後、読売新聞外報部記者の傍ら、同人誌「櫂」やシュールレアリスムの研究会で詩を作り、1956年に詩集「記憶と現在」を刊行。

 評論「蕩児の家系」で69年に藤村記念歴程賞を受賞した。