フォークシンガー加川良さん死去

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 加川良さん(吉村輝幸さん撮影)

 代表曲「教訓1」で知られるフォークシンガーの加川良(かがわ・りょう、本名小斎喜弘=こさい・よしひろ)さんが5日午前9時39分、急性骨髄性白血病のため東京都港区の病院で死去した。69歳。滋賀県出身。葬儀・告別式は親族のみで行い、後日、追悼ライブを開く予定。喪主は長男元希(げんき)氏。

 1970年に岐阜県坂下町(現中津川市)で開かれた全日本フォークジャンボリーに参加して「教訓1」を歌って注目を集めた。71年にアルバム「教訓」を発表。その後、アルバム「親愛なるQに捧ぐ」「やぁ。」などを出した。