谷崎潤一郎直筆の短歌見つかる 日中の文化人が交流

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 方紀生の長女川辺比奈さん宅で見つかった、谷崎潤一郎が揮毫した短歌

 魯迅の弟周作人に師事し、日中の文化交流に尽くした中国の文人・方紀生(1908~83年)の遺族宅(京都市中京区)で、谷崎潤一郎直筆の短歌や林芙美子の句など、日本を代表する文人や画家8人の戦前から戦中の史料18点が見つかったことが5日、分かった。

 調査した福山大の久保卓哉名誉教授(中国文学)は「戦時中の難しい時代にもかかわらず、日中の文人がしっかりと交流していたことを裏付ける貴重な史料だ」と評価している。

 方紀生は31年から日本に留学し、留学生の監督として40年に再来日しており、史料は長女川辺比奈さん(74)宅で見つかった。