4野党「原発ゼロ目指す」 次期衆院選へ共通見解

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 意見交換会を終え、記者会見に臨む野党4党の幹部と「市民連合」のメンバー=5日午後、国会

 民進、共産、自由、社民の野党4党の幹事長・書記局長は5日、安全保障関連法廃止を掲げる市民グループ「市民連合」と国会内で会合を開き、次期衆院選の公約づくりを巡り「原発ゼロを目指す」などとした共通見解をまとめた。憲法9条の改悪阻止や安保関連法の白紙撤回、就学前から大学までの原則教育無償化なども明記した。各党が公約に反映させる。

 終了後、民進党の野田幹事長は記者会見で、衆院選に向け「基本的理念、政策的な方向性は4党で共有できた。これを基本に政治決戦の準備を加速したい」と指摘。共産党の小池書記局長は「これを土台に魅力的な共通政策をつくることが課題だ」と述べた。