英国会議事堂テロ、2週間 犠牲者に祈り、悲しみ新た

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 5日、英ロンドンのウェストミンスター寺院で、国会議事堂テロの犠牲者を悼む礼拝に参加した(中央左から)ウィリアム王子と妻のキャサリン妃、ヘンリー王子(ゲッティ=共同)

 【ロンドン共同】先月22日の英国会議事堂テロから2週間となる5日、現場近くのロンドン中心部のウェストミンスター寺院で、遺族や当日対応に当たった警官、救急隊員らが出席して犠牲者を悼む礼拝が行われた。英王室からウィリアム王子夫妻とヘンリー王子、ラッド内相やカーン・ロンドン市長も参列した。

 キリスト教だけでなく、ユダヤ、イスラム教徒の指導者らも参列。さまざまな宗教、人種の国民から成る英社会の多様性を守り、分断を拒否する決意を示した。

 事件では警官1人を含む4人が死亡。実行犯のハリド・マスード容疑者(52)は射殺され、動機解明に向けた警察の捜査は難航している。