米首都郊外でF16戦闘機墜落 パイロットは脱出

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ワシントン共同】米東部メリーランド州で5日朝、米軍のF16戦闘機1機が墜落した。パイロットは脱出し、無事が確認された。現場は首都ワシントン郊外にあるアンドルーズ空軍基地に近い。複数の米メディアが報じた。

 AP通信によると、墜落したF16はアンドルーズ空軍基地所属で、訓練中だった。墜落地点は人口密集地ではなく、付近の住民は避難したが、けが人はいないという。同基地は大統領専用機エアフォースワンを運用している。