NY円、110円後半

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ニューヨーク共同】5日のニューヨーク外国為替市場の円相場は、1ドル=110円後半で取引された。朝方は、米雇用関連指標が市場予想を上回ったことでドル買い円売りが優勢だったが、その後は米長期金利の低下などを受けて円が買われた。

 午後5時現在は前日比05銭円高ドル安の1ドル=110円65~75銭。ユーロは1ユーロ=1・0658~68ドル、118円ちょうど~10銭だった。