米GE、電球事業の売却検討 エジソン創業

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 トーマス・エジソン(ゲッティ=共同)

 【ニューヨーク共同】白熱電球を発明したトーマス・エジソン(1847~1931)が創業した米電機大手ゼネラル・エレクトリック(GE)が、電球など消費者向け照明事業の売却を検討していることが5日、明らかになった。ウォールストリート・ジャーナル紙(電子版)が報じた。関係者の話としている。

 GEは複数の投資銀行と協議しており、成立すれば売却額は5億ドル(約550億円)程度になる見通しだ。商業向けも含めた照明部門の昨年の売上高は約22億ドルで、GE全体の2%弱。売却しても業績への影響は限定的とみられる。