シャープ亀山工場、4千人に増員 カメラ部品生産

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 シャープの亀山工場=三重県亀山市

 経営再建中のシャープの首脳は6日、主力拠点の亀山工場(三重県亀山市)で働く人員を、下請け企業の従業員も含めて現在の2300人程度から7月に4千人程度に増やすことを明らかにした。新たな人員は主にスマートフォンに搭載するカメラ部品の生産に当たるとみられる。

 シャープは台湾の鴻海精密工業の傘下に入って以降、事業の拡大に乗り出しており、稼働率の低下に伴いいったん縮小した亀山工場の人員規模も増加に転じる見通しになった。

 カメラ部品は米アップルのスマートフォンに採用されており、収益性が高い。