住宅火災で2人死亡、岡山・真庭 3人けが

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 岡山県真庭市の火災現場

 6日午前2時20分ごろ、岡山県真庭市上市瀬457の無職妹尾為広さん(76)方から出火、約2時間50分後に鎮火したが、木造2階建て住宅約280平方メートルと、隣接する離れなど2棟計約160平方メートルを全焼するなどして、妹尾さん方から2人の遺体が見つかった。

 県警によると、妹尾さんと妻(75)の2人と連絡が取れておらず、遺体はこの2人とみて、身元の確認を急いでいる。他に同居する妹尾さんの小学生の孫(10)ら3人が煙を吸うなどして病院に運ばれたが軽傷。

 真庭署によると、妹尾さんは妻と長男夫婦、孫4人の8人暮らし。出火時は長男が離れに、他の7人は母屋にいた。