福島・楢葉、小中3校合同開校式 6年ぶり帰還

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 楢葉町立の小中学校3校の合同開校式で、誓いの言葉を述べる楢葉南小の馬上日菜さん=6日午前、福島県楢葉町

 東京電力福島第1原発事故のため福島県いわき市に避難し、仮設校舎で授業を続けてきた同県楢葉町立の小中学校3校が6日、完成した楢葉中の新校舎で合同の開校式を行った。町に戻るのは6年ぶり。

 開校式には楢葉中と楢葉南小、楢葉北小の児童・生徒約90人が出席。小学生代表の楢葉南小6年馬上日菜さん(11)は「今日から待ちに待った楢葉町での学校生活が始まる。いつか私の手で町のためになることをしたい」と誓った。両小学校は当面、楢葉中の新校舎に間借りして授業をする予定だ。

 3校の児童・生徒は、2013年1月からいわき市内の大学のプレハブ仮設校舎で授業を続けてきた。