WBA久保、セルメニョ異常なし 世界戦予備検診

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 WBAスーパーバンタム級タイトルマッチの予備検診を受ける挑戦者の久保隼(左)と、王者のネオマール・セルメニョ=6日、神戸市

 世界ボクシング協会(WBA)スーパーバンタム級タイトルマッチ(9日・エディオンアリーナ大阪)の予備検診が6日、神戸市内で行われ、同級8位の久保隼(真正)と王者のネオマール・セルメニョ(ベネズエラ)は、ともに異常なしと診断された。

 久保が身長で8センチ、リーチで4センチ上回った。体格面では優位な数字が出たが、久保は「王者はスタイルを変えてくる。しっかり対応したい」と淡々。セルメニョは「背の高い相手とやることは慣れている」と余裕の口ぶりだった。