大谷選手右手像、地元で金の輝き 岩手・奥州市に完成

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 プロ野球日本ハムの大谷翔平選手の右手をかたどった真ちゅう製の像=6日午後、岩手県奥州市

 投手と打者の「二刀流」で活躍するプロ野球日本ハムの大谷翔平選手(22)の右手をかたどった像が完成し、出身地の岩手県奥州市にある伝統産業会館で6日、除幕式が開かれた。南部鉄器の鋳造技術を使って制作。黄金に輝く真ちゅう製で、実際に握手できる。

 南部鉄器のPRと大谷選手の応援を兼ねて、同市の水沢鋳物工業協同組合が企画。千葉県鎌ケ谷市で自主トレ中の1月に、大谷選手の手を特殊なレーザー機械を使って測定し、奥州市の地元企業が協力して仕上げた。今後、同じものを六つ作り寄贈する。

 大谷選手も「故郷・奥州市が、ますます発展するのを祈っています」とのメッセージを寄せた。