警視総監が道路横断指導 新1年生と手つなぎ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 沖田芳樹警視総監(右端)と横断歩道を渡る入学式を終えたばかりの新1年生ら=6日午後、東京都港区

 春の全国交通安全運動が始まった6日、警視庁の沖田芳樹警視総監が東京都港区立赤羽小学校を訪れ、入学式を終えたばかりの新1年生80人に横断歩道の安全な渡り方を指導した。

 沖田総監は校庭に集まった児童に「学校の行き帰りに事故に遭わないよう、道路を歩くときは右左をしっかり確認してください」と呼び掛け、近くの通学路の交差点を横断して訓練した。

 沖田総監と手をつないで横断した林宏優君(6)は「横断歩道を渡る時は、車がないか確かめて右手を上げて渡ります」と元気よく話した。

 警視庁によると、都内では昨年、小学生が巻き込まれた交通事故が966件発生し、4人が死亡した。