イラン大統領選、前職が側近支援 5月選挙へ駆け引き活発化

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【テヘラン共同】かつて対米関係を極度に悪化させたイランの保守強硬派アハマディネジャド前大統領が5日、首都テヘラン市内で約4年ぶりに記者会見を開き、5月19日の大統領選に出馬を表明している側近のバガイ元副大統領を全面的に支援すると発表した。

 大統領選を巡っては、現職の穏健派ロウハニ大統領も近日中に記者会見を予定しており、再選出馬を正式に表明するとみられる。投票日を1カ月半後に控え、駆け引きが活発化してきた。

 アハマディネジャド氏は昨年秋、最高指導者ハメネイ師の助言に従い自らの出馬は断念したが、貧困層に根強い人気を誇る。