生活保護ジャンパーで報告書 「支援者の意識弱かった」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 神奈川県小田原市で生活保護受給者の自立支援を担当する職員らが「不正受給はクズだ」と英文で書かれたジャンパーを着ていた問題で、生活保護行政の在り方を検証する市の有識者検討会は6日、「生活困窮者に対する支援者としての意識が弱かった」として、利用者の視点に立った業務の見直しなどを提言する報告書をまとめた。

 報告書では、2007年に職員が元受給者にカッターナイフで切り付けられる事件があり、職員のモチベーションが低下したと指摘。市役所内で職場が孤立し、「不正受給を許さない」というメッセージを盛り込んで職員の連帯感を高揚させようとジャンパーが作られたと説明した。