ベイカーが8月の世界柔道欠場へ 右肩負傷で全柔連に伝える

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 ベイカー茉秋

 リオ五輪柔道男子90キロ級金メダルのベイカー茉秋(日本中央競馬会)が右肩のけがのため、代表入りを保留していた世界選手権(8~9月・ブダペスト)を欠場する意向を全日本柔道連盟に伝えたことが6日、関係者への取材で分かった。これにより、男子73キロ級の大野将平(旭化成)、女子70キロ級の田知本遥(ALSOK)を含め、リオ五輪金メダリスト不在の代表となる。

 関係者によると、出場回避を示唆していた29日の全日本選手権も正式に辞退を届け出た。右肩はリオ五輪前から度々亜脱臼を繰り返し、2日の全日本選抜体重別選手権で再び痛めた。病院の検査で関節脱臼と診断された。