スバル新「XV」5月発売 歩行者保護エアバッグを装備

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 「SUBARU XV」の全面改良モデル=6日、東京都江東区

 SUBARU(スバル)は6日、スポーツタイプ多目的車(SUV)「SUBARU XV」の全面改良モデルを5月24日に発売すると発表した。自動ブレーキなどの運転支援システム「アイサイト」と、事故時に歩行者を保護するエアバッグを全車に標準装備し、安全性を向上させた。

 1日に富士重工業から現社名に変更後、初の新モデル披露、吉永泰之社長は都内の発表会で「都会的で洗練されたデザインとスバルらしいSUVとしての走破性、トップクラスの安全性能を兼ね備えた」と語った。

 1・6リットルと2リットルのガソリンエンジンがあり、希望小売価格は213万8400~267万8400円。