豊洲、浜渦氏証言「偽証」議決へ 百条委が非公式協議

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 3月、東京都議会の百条委員会で証言する浜渦武生元副知事

 豊洲市場(東京都江東区)の移転問題を検証する都議会の調査特別委員会(百条委員会)は6日、各会派の代表者らによる非公式の会合を開き、元副知事の浜渦武生氏が3月に証言した内容が偽証に当たるか判断する手続きを進めると確認した。自民党を除く全会派が認定に前向きな姿勢を示しており、今後、偽証と議決される見通し。

 百条委で偽証を認定する議決には、委員の過半数の賛成が必要。公明党や民進党系、共産党などが偽証認定に賛成しており、自民党以外の会派で過半数を占めている。

 関係者によると、自民党は偽証かどうかの検討は進めるが、認定については今後、慎重に判断するとしている。